Atelier ROCCO SATOSHI | アトリエ 訪問 ロコ サトシ

アトリエ 訪問

少し春を感じられる午後、横浜にいくつかあるロコさんの秘密基地、その本部で、好きな画家、こだわりについて語っていただきました!

ロコ・サトシさん

ロコ・サトシさんのアトリエで

☆ロコ・サトシさんの…
好きな画家 :

ゴッホやミレーは学校で習い、人並みに興味は持ったけれど、好きなって言われると難しい。 まぁ、強いてあげるとしたら、ニューヨークで活躍したオランダ人で抽象表現画家のウィレム・デ・クーニング*かな。初めて自由奔放で、ある意味メチャクチャな彼の作品を見た時は、マジ鳥肌が立った。 それを実名で発表している潔さも含めてね。あと絵描きじゃないけれど、ジャニス・ジョップリンが歌う「サマータイム」は本当にヤバイ。 若い頃、最初に聴いた時はノックアウトを食らったよ。 で、清い心で素直なロコ・サトシは、「ジャニスの様な絵が描けたら最高(笑)」と思い、もうひとり不純なロコは、「何を描いてもジャニスには敵わない(泣)」と結論。 つまり、あれを聴くと、暗い自分の本質、過去が浮き上がって来て困るけれど、心惹かれるんだ。

こだわり :
描くうえでのこだわりは別にない。 でも、描き歩んだ道を振り返って見れば、失敗も色々あったけれど、嬉しい時、悲しい時、いつもアートが横にいてくれ、それがない人生なんて考えられない。 だから、アートに関して根本的な考えが自分にあり、今後もそれに従って生きたいんだ。 少し抽象的だけど、アートってさ、貧富もハンディキャップも関係なく、人が生きている限り自分を意識できる存在であり、人としての最後の砦だと思う。 その大切な心を司るのが、「アートの神様」。 だから、私は神様の守護人であり続けると決めている…

ウィレム・デ・クーニング*  Wikipedia ► ►

プロフィール

ロコ・サトシさん
1970年代後半から桜木町の高架下で壁画を描き始め、日本ウォールペイントの草分け的存在になる。  1989年の横浜博覧会では最大級パビリオンのペイントを行う。  以後、自身の制作活動と同時に子ども向けワークショップや絵本の執筆など、アートで多岐にわたる活動を展開し続けている。  1989年から、5〜6年間、日米を往復しながら制作活動を行い、アメリカ西海岸サンディエゴのバルボアパーク・カルチャーセンターにはロコさんの作品が数多く残されていると言う。  2013年から個人活動に加え、横浜をベースにしたアーティストグループ「ArtQ」を主宰。

参考記事 ► ►

Facebook ► ►

 

アトリエの作品 絵具と筆 Canvas 野毛のマンホールカバー