Atelier | アトリエ 訪問

アトリエ 訪問

7月下旬の熱帯夜、中華街近くのCANTIK-MANISで小野里良之さんに会い、インタビューを行いました♪

小野里良之(おのざと よしゆき Ryo.Y)さん

小野里良之 さん

☆小野里良之さんの
好きな作家 :

私は12歳で写真を始め、15歳で一眼レフを持ち、24歳まで好きな写真の道を目指しましたが、乱視になったこともあり一度は夢を諦めました。 しかし、人生を重ねた2011年に自分自身にとって大切な表現活動として写真を再開、現在に至っています。 その私が、最も好きな写真家は1955年生まれの那須潔さんです。 出会いは2014年。動機はわかりませんが、何故か我々のグループ展に那須さんが参加してくれた時でした。 最初は小さなA4サイズ、その後、大きなキャンバスにプリントされた作品も拝見しました。 ほとんどがモノクロですが、その全作品に言えるのが、大胆でありながら繊細なイメージ、印象に残っているのが植物、中でも影の部分のディテール、濃度の美しさ、黒のグラデーションがたまりません。 そこに魅力を感じるのは私だけではないはずです。 ある時、タイミングを合わせたかのように那須さんと私が同じシュチュエーションにレンズを向けたことがありました。 瞬間、「あっ!」と思いましたが、その時のユニークな被写体を考えると、二人にはどこか感覚に通じる部分があるのかもしれません。 だからこそ、温厚な人柄と共にこれからも見習っていくつもりです。 でも、決して真似はしませんよ。

こだわり :
作品制作に使うのは、アナログの一眼レフカメラ、フィルムはネガカラー、レンズも標準50mmと望遠200mmだけ。 そして、ここ数年狙っているのは朝日です。どうしてフィルムにこだわるかと言えば、自分のフィーリングを大切にして、1枚に集中して撮りたいから。 デジタルだと、たくさん撮れてしまうので、気持ちも希薄になる気がします。 また、プリントに際しても、PCに読み込んだフィルム画像に撮影時の自分の思いを重ね、そのイメージを大切にするために画像の濃淡をコントロールしてプリントデータを作ります。 制作過程を考えるとアナログ的ですが、それこそが私のこだわり。 これからもその技法にこだわっていきますが、いつかはデジタルの可能性にも挑んでみたいと思っています(笑)。

取材協力:CANTIK-MANIS  Web site ► ►

プロフィール

小野里良之 さん
フォトグラファー。
1958年12月5日神奈川県横浜市生まれ、AB型、射手座。 拓殖大学商学部貿易学科卒業。 ArtQメンバー。
 

Facebook ► ►

☆ 展覧会情報

 第13回ART Q展
7月30日(月)〜8月5日(日)  岩崎ミュージアム(ゲーテ座) :横浜市中区山手町254
 個展
11月29日(木)〜12月11日(火)  CANTIK-MANIS :横浜市中区山下町98GSハイム山下町201


 

愛機ミノルタSR-1 30年以上使っている手帳 頭の中を白くするために読む本 作品

(構成・撮影 関 幸貴)

Archive | アーカイブ

Atelier Archive ►